So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Google Sky Map [Androidアプリ]

起動画面

 
Google Sky Map

  Android Marketへ go!
 


スマートフォンが本格的に普及しそうなので、星景写真に役に立ちそうなアプリを1つ。

Google Sky Mapは、Googleが提供する無料の天文シミュレーションアプリ。
初めての起動でメッセージが表示されたら、位置情報の機能を設定して開始する。
スマートフォンを向けた空に輝く星を表示してくれるので、直観的に位置を把握しやすいのが携帯端末のいいところ。

星空の画面をタップすれば、左下隅のアイコンで通常の自動モードから手動モードに切り替えられる。
自動モードでは方角を検出して、自動的にその方向の星空を表示してくれるが、手動モードでは
フリックして天球を動かし、現在の空から前後に位置する星を確認することもできる。

また、サイドに表示されたアイコンで恒星、星座、メシエ天体などの表示/非表示を設定できる。
もちろん、メニューから「設定」でもOK。星景写真の場合は「星座」と「惑星」だけにして画面を整理し、
ライティングに影響を及ぼす月との位置関係を確認。

現在の星空を表示メニューを表示「設定」画面

特定の天体を検索することも。メニューから「検索」で探したい恒星名などをボックスに入力すると、
検索できる天体の一覧が表示されるので、目的の天体をタップ。ナビゲーションが始まり、
矢印の方向へスマートフォンを向けていく。探している天体が範囲に入ると、ロックオン表示に変わる。

「検索」画面ナビゲーション中目的の恒星をロックオン

現在の星空だけでなく、指定した日時に変えることもでき、事前のシミュレーションに。
メニューから「タイムトラベル」でプリセットされた「次の日没」「次の日の出」「次の満月」などを選ぶか、
日時を直接指定して「Go!」をタップ。指定した日時の星空になり、上部に操作ボタンが現れる。
手動モードにも切り替えられるので、フリックで天球を動かしてもいい。

「タイムトラベル」設定画面指定した日時の空を表示

特に星景写真では、ロケハンのときに、昼間でも撮影地からの星座の見え方を確認できるのは安心。
夜間の撮影時にも、メニューの「夜間モードの切り替え」で、赤色のセロハンを貼ったように、
画面を減光してくれるので使いやすい。ただ、バッテリーの消耗が早くなるので、
予備のバッテリーがないと長時間の使用はつらいと思う。

Android端末を持っていれば、とりあえずインストールしていても損しない1本。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0