So-net無料ブログ作成
検索選択
Androidアプリ ブログトップ

スマートステラ [Androidアプリ]

android_smartstellar

 







 スマートステラ
  ソースネクストHPへ go!
  開発元アストロアーツHPへ go!


スマートフォンを買い替えてから、最近はGoogle Sky Mapでなく、スマートステラをよく使っている。
auスマートパス、ソフトバンクApp Passでも提供されているので、加入している人は試してみては。

使い方はいたって簡単。天にスマホをかざせば、その方向の現在の星空を表示してくれる。
現在の星空から上下左右に動かしたければ、たんに画面をフリックすればいい。もう一度天に向けて
スマホをかざせば、現在の星空に戻る。たぶん、スマホの角度を検知して、切り替えているみたい。

現在の星空だけでなく、任意の日時も、画面上部の日時、時刻を直接タップして変更すれば、
目的の星空を見ることができる。天球を自動的に動かしたければ、下部の矢印アイコンをタップして
箇条書きアイコンを表示し、このアイコンをタップすればスピードを選ぶことができる。

表示する情報は星アイコンで。このアイコンからON/OFFできるので、必要な情報だけに整理できる。
位置情報もGPSで得れば特に問題ない。唯一、Google Sky Mapの「夜間モードの切り替え」機能が
ないので、画面の明るさはスマホの「設定」の「ディスプレイ」から減光することくらいかな。

今のスマホアプリは直感的にわかるので、説明書要らず。
すぐに星空を楽しむことができます!


Satellite AR [Androidアプリ]

 Android Marketへ go!
Satellite AR  


天体の動きはGoogle Sky Mapを使えばよくわかるが、衛星の位置も知りたいというときは、
この衛星位置シミュレーションアプリSatellite ARで。スマートフォンを向けた空に位置している
衛星や国際宇宙ステーション(ISS)を示してくれる。

使い始める前に「Settings」画面で少し設定。位置情報の機能を有効にして
「My location」を設定。次に「Background」をタップすると、背景を変更することができる。
特に「Camera preview」は、今見ている風景をライブビューして衛星を重ね合わせて表示できるため、
非常にわかりやすい。たとえば、ISSが風景のどこから現れるのか、見当つけるのに便利。

「Allow manual steering」は、リアルタイムで方向を検出する自動モードから、手動で方向を変える
手動モードにするためのオプション。チェックして自動モードの画面をタップすると、手動モードに切り替わり、
パンで表示したい方角に向ける。落ち着いて見るときに、手動モードは重宝する。

メイン画面「Settings」画面「Background」画面

まずは、ISSが通過する軌道を見てみよう。緑色のアイコンで表示されている
「International Space Station」をタップする。ISSは静止衛星と違い、常時見ることができないため、
表示できない場合はメッセージが表示される。以下の画面では、次の通過まであと7時間。

現在は見つからないというメッセージ

4分前くらいになると表示できるようになり、矢印の方に向けるとISSの飛行コースが黄色のラインで示される。
[ ] の中には、ISSがあと何分で現れるか表示される。2分を切ると、秒数でカウントダウン。
時間がくると、ISSのアイコンが現れ、通過したあとは軌跡がグレーに変わる。

ISSの予定コース
通過中のISS

明るい時間帯でもISSの飛行中の軌道はわかるが、実際にISSを見ることは難しい。
目視できる条件が揃った日時やおおよその軌道は、JAXA(http://kibo.tksc.jaxa.jp/)で事前に確認しよう。

今度は、静止衛星を捕捉してみよう。ここでは、通信衛星のインテルサットを表示してみることにする。
メイン画面をスクロールして、青色のアイコンの「Intelsat」をタップする。スマートフォンを天の赤道に向けると、
インテルサットのアイコンが表示され、静止軌道上に並んでいるようすがわかる。

現在のインテルサット衛星の位置

最後に、すべの衛星を表示させるために、緑色のアイコンの「All active sats」をタップする。
静止軌道上に衛星のアイコンがずらりと現れ、ずいぶんと混雑している。現在飛行しているすべての衛星が
Satellite ARに登録されているわけではないので、実際にはもっと混み合っているんだろう。
人間の都合に合わせると、広大な宇宙なのに窮屈そう。

すべての衛星を表示


Google Sky Map [Androidアプリ]

起動画面

 
Google Sky Map

  Android Marketへ go!
 


スマートフォンが本格的に普及しそうなので、星景写真に役に立ちそうなアプリを1つ。

Google Sky Mapは、Googleが提供する無料の天文シミュレーションアプリ。
初めての起動でメッセージが表示されたら、位置情報の機能を設定して開始する。
スマートフォンを向けた空に輝く星を表示してくれるので、直観的に位置を把握しやすいのが携帯端末のいいところ。

星空の画面をタップすれば、左下隅のアイコンで通常の自動モードから手動モードに切り替えられる。
自動モードでは方角を検出して、自動的にその方向の星空を表示してくれるが、手動モードでは
フリックして天球を動かし、現在の空から前後に位置する星を確認することもできる。

また、サイドに表示されたアイコンで恒星、星座、メシエ天体などの表示/非表示を設定できる。
もちろん、メニューから「設定」でもOK。星景写真の場合は「星座」と「惑星」だけにして画面を整理し、
ライティングに影響を及ぼす月との位置関係を確認。

現在の星空を表示メニューを表示「設定」画面

特定の天体を検索することも。メニューから「検索」で探したい恒星名などをボックスに入力すると、
検索できる天体の一覧が表示されるので、目的の天体をタップ。ナビゲーションが始まり、
矢印の方向へスマートフォンを向けていく。探している天体が範囲に入ると、ロックオン表示に変わる。

「検索」画面ナビゲーション中目的の恒星をロックオン

現在の星空だけでなく、指定した日時に変えることもでき、事前のシミュレーションに。
メニューから「タイムトラベル」でプリセットされた「次の日没」「次の日の出」「次の満月」などを選ぶか、
日時を直接指定して「Go!」をタップ。指定した日時の星空になり、上部に操作ボタンが現れる。
手動モードにも切り替えられるので、フリックで天球を動かしてもいい。

「タイムトラベル」設定画面指定した日時の空を表示

特に星景写真では、ロケハンのときに、昼間でも撮影地からの星座の見え方を確認できるのは安心。
夜間の撮影時にも、メニューの「夜間モードの切り替え」で、赤色のセロハンを貼ったように、
画面を減光してくれるので使いやすい。ただ、バッテリーの消耗が早くなるので、
予備のバッテリーがないと長時間の使用はつらいと思う。

Android端末を持っていれば、とりあえずインストールしていても損しない1本。


Androidアプリ ブログトップ