So-net無料ブログ作成
検索選択

気象予報 WindGURU vs GPV [weather]

気象予報と言ったら、おなじみのGPV気象予報
雲の広がる傾向がわかるので、ほんと重宝しています。
このサイトのおかげで、ずいぶんと無駄足をくらうことがだいぶ減りました。
星景写真の撮影には、もうGPV気象予報は必須でしょう。

GPV気象予報は誰も異論がないと思いますが、
ヨットレースAmericasCup関係の記事を読んでいたときに、新しい気象サイトを知りました。
ニューフェイスの名前はWindGURU。ヨットやウィンドサーフィンでは知られたサイトのようです。

でも、WindGURUのサイトは英語。一瞬、とっつきにくいかと思いましたが、
難しいことはなく、他のユーザーがロケーションを登録してあれば、スポットを検索するだけ。
たとえば、[Spot search]タブで「江ノ島」と入力して[Search]ボタンをクリックする。
すると、登録されている一覧が表示され、[Show]列の[Forecast]をクリックすれば、
目的のロケーションの情報が表示されます。ロケーションがなければ、よくあるサイトの登録して、
Google Mapで場所を指定すれば簡単に登録完了できます。

Freeの登録ではフル項目の情報ではないかもしれないけど
(フルの情報は「enoshima」検索で「windguru」オーナー)、星景写真にとっては
[Cloud cover]が役に立つかも? 高層、中層、低層と分かれているのが、GPVと比べて目新しい。
次の画面では、「野辺山」の7日、月曜日の3から12時まで雲がなくなっているので、
GPVでも確認してみると、野辺山付近にも確かに黒いエリアが。

WindGURU
windguru

GPV気象予報
gpv

もっともWindGURUは、GPVの1時間刻みでなく、3時間と少々おおざっぱ。夜間はもっと。
10日分の一覧予報が表示されるのが、メリットなのかなぁ。
そんなに先の予報はあてにならないけど、何もないよりましか。
WindGURUはピンポイント予報中心なので、どちらかというよりGPVとの組み合わせがベストかも。

そんなことより、ずっと星景写真撮影から離れてしまっているのが、問題か。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: